専業主婦がチャットレディの仕事でへそくりを貯めるためにまず最初に準備すべきもの

「へそくり」を作るために、まず最初にやらなければならないことは
「自分だけが知っているお金を貯めておく場所(銀行)」を作ることです。

結婚を機にお互いの口座を教えていたり、共有している家庭も多いと思います。

そういった口座ではなく、あくまで”じぶんのもの”を用意しておきましょう。

これは”何もへそくり目的”だけでなく、家計を助けるためにも用意すべきものです。

主婦と言えども、できるだけ”自立”できる環境を持っておくことが必要です。

「タンス預金」は絶対にやめましょう。

貯めた後(増やす)のことを考え、適切な準備を始めましょう。

その際には、「ネット銀行」という点がキモになります。

「自分だけが知っている口座」を作っておく

まずは、誰にも知られていない「自分(自分名義)の口座」を作ります。

これが第一段階、自立への第一歩です。

そしてその際に、可能であれば「クレジット機能」が付いているものを選びましょう。

旦那さんが「会社勤め」であれば、「専業主婦」という”属性”は強いものであり
多くの銀行系カードでも、問題なくクレジットカードを作れることができるはずです。

その際、圧倒的なおすすめは「楽天銀行(カード)」です。



日本で一番口座の多いネット銀行であり、この”ネット”ということが重要です。

ネット銀行であれば、店舗に行かずとも残高が確認できること
送金・振込なども家から出る必要なく、1分程度で済むことが何よりの強みです。

またこれから先、お金をチャットの仕事で”稼いじゃった”時のことを考えても
ネット系銀行・付属するクレジットカードというのは、非常に便利です。

基本的に”主婦”であれば、審査は問題ないはずです。

とりあえず、「自分で稼いだ報酬が振り込まれる場所」を作る必要があります。

特にチャットレディの仕事に関しては、”内緒で”という方も多いはずです。

「こっそり管理する自分名義の銀行口座」をゲットしましょう。

基本的には、<新しく作る>ということが大切です。

口座とクレジットがセットで作れる「楽天カード」のお申込みはこちらから

自分の口座を持つメリット

自分だけの銀行、クレジットカードを持つことによって
お小遣い・へそくりを増やす方法・手段が飛躍的に増えていきます。

また楽天カードは「ポイント」の貯め易さ、ポイントの使い勝手の良さも有名です。

100円で1ptとなり、その貯まったポイントも
日本最大規模の「楽天市場」で、好きに選んで使うことができます。

もし万が一・・・

旦那さんなどにへそくりがバレて、「全部没収だ!」となった際に
ネット銀行であれば、スグに別の口座に移すことができます。

口座の準備が終われば、後は思う存分稼ぐだけです。

「普通の家庭」はどれくらいお金を持ってるの?

いつの世も、他人の懐具合は気になるものです。

基本的には、世の中はいわゆる「中流家庭」がほとんどであり
そもそも、大多数だからこそ「中流」なわけです。

しかしその中でも、微妙に異なる「収入」や「貯蓄」の差によって
優越感や劣等感を感じ、一喜一憂としてしまうものです。

特に専業主婦の場合には”夫次第”となるため、もどかしくなることも多いはずです。

「そこまで、気になる?」という方というのは
おそらく、現状の暮らしに満足していると思われます。

しかしながら、こと「自分で使えるお金」に関して不満を持っている主婦は少なくありません。

特に「専業主婦」に関しては、確かに「家事」という仕事はあるものの
社会の中に溶け込んで、賃金を稼ぐことをしていません。

各家庭によって異なるものとは思いますが、「夫の収入」から
どれくらい「自分のため」に使えるかは、非常に程度の差が大きいようです。

「専業主婦は、お金を稼いでいないからそんなこと考えても仕方がない」

そういった意見もありそうですが、やはり「オシャレ」や「付き合い」等
生きている限りは、消費活動が必ず伴うものと言えます。

そしてこういった話題の際に、取り上げられるものとして
「へそくり」というものがあり、「ちょっと貯めちゃおうかしら?」
頭によぎったことのある人は、あなただけではありません。

だからこそ「チャットレディ」のお仕事はおすすめ!

みんなのへそくり

「384万円」

これは既婚女性(30代)の、へそくりの平均額と言われています。

この中には、正社員・パートとして
自分自身もお金を稼いでいる、という主婦も含まれますが
およそ半分は、専業主婦によるものと考えられます。
(既婚女性の約6割が、なんらかの仕事についていることからして)

そして、これが40歳の主婦では「417万円」になります。

みんなそんなに持ってるの・・・?

と思う方も多いはずですが、そんなわけもありません。

この数字はおそらく「特に持っている」人が押し上げています。

最も割合の多い「中央値」ではなく、あくまで「平均」としての額であり
極端な例では、「0円」の人と「1,000万円」の人が
同じ割合だけいれば、平均値は「500万円」となります。

収入が多い旦那さんがいる、もしくは自分が「結構」稼いでいる人も含まれ
一方で、およそ1割の家庭が「貯金ゼロ」というデータもあります。

「持っている人は持っている」という典型的な例です。

へそくりを貯めるのは申し訳ないこと?

へそくりに関しては、

・考えたことがない

・欲しいけど貯める方法が分からない

この2つのケースの女性が多いようです。

・そんなことしなくても大丈夫

・なんとかなる

・お金に関してあまり考えたくない

加えて、

「そもそも働いていない自分が貯めこむのは申し訳ない」

と思っている人も多いようです。

真剣に考えない、考えたくない、考え方が分からない様々な事情が考えられます。

「ギリギリ」になって後悔する

「お金があれば・・・」というケースは、人生において少なくありません。

特にお子さんがいれば、よりこういった状況は生まれやすいと言えます。

そして、ほとんどの人・家庭というのは
現実にぶち当たった時になって、初めて真剣に考えます。

「いや、ちゃんと貯めている」という人もいるかもしれませんが
「それでも足りない」からこそ、悩むのです。

※チャットで貯めたお金で一発逆転を狙うことも!!!


たとえ専業主婦でもしっかり”作っておく”べき

へそくりがある主婦というのは、およそ50%程と言われます。

そしてそのほとんどが、利息のつかない「タンス預金」であることも分かっています。

これは、あるだけ「恵まれていている」とも考えられ
そのままでは、「もったいない」とも考えられます。

貯めることは簡単な状況でも、増やすことを考えないからです。

また、何より

・旦那さんがいれば生活はできる

・いないと生活ができない

そんな状況は、あまり健康的ではありません。
(もちろん、それで幸せな場合もありますが)

自分で、自分の人生の選択ができる状況も、必要と言えます。

何より、

・旦那さんが働けなくなったら?

・子供が病気になったら?

・子供が「医者になりたい」と言ったら?

・万が一離婚することになったら?

この世には、お金にまつわる「あらゆるリスク」があり
「お金さえあれば」と、1度も考えない人はいないはずなのです。

そしてその時にお金があるか無いかで、人生が大きく変わってしまうことも多いです。

「危機」が訪れる前に行動

「考えたこともなかった」という方も、多いかもしれません。

しかしながら、<へそくり>という考え方ではなく
「自分もお金を稼ぐ」ということで、広がることもたくさんあります。

自由に使えるお金がない、だから稼ぐ

ではなく、

いずれ家族のために

ということは、全く悪いことではないはずです。

当サイトでは、様々な女性の悩みを取り上げていますが
何よりも「経済的な自由」によって、「意志決定」できることが不可欠と言えます。

そして大切なことは、

夫の収入から、こそこそため込む

でも

中途半端な「副業」

でもなく

「着実に収入源を作る」ことです。

専業主婦あっても、お金を手に入れる・増やすことは可能なのです。

真剣に・真面目に・誠意を持って・本気で、へそくりを増やしていくべきです。

そしてそれは「自分のため」だけではなく、必ず「大切な家族のため」にもなるはずです。

チャットレディは主婦だから稼げる時代に!

 

応援お願いいたします!


就職・アルバイトランキング